Melodic Hardcore
      
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ACHIGAN

100831_155252.jpg

アルバム名:AU FOND DES TOILETTES DU MONDE.
お気に入り度:★★★★
高速度   :★★★★
哀愁度   :★★★★★
入手困難度:★★★★★
入手可能店:バンド直

カナダのバンド。
MAPのCDをバンド直で買おうとしたらメンバーに半強制的に買わされたCD。
解散して新しいバンド始めたから一緒にどう?って感じに、このバンドとCharlie FoxtrotってバンドのCDをすすめられました。ものすごく断りにくかったです。今は買って良かったと思ってますけど。
2バンドすすめてくるってことは、解散後分裂してそれぞれにMAPのメンバーが在籍してるってことなんでしょうけど、マイスペでメンバー名とか調べても微妙に違う名前になってたりとかでさっぱり分かりません。気になる方はぜひ調べてみてください。
Charlie Foxtrotはミドルテンポでロックな感じ。正直あまり聴いていません。それに対しこちらのAchiganは正にFast Melodicです。ここ見てくれてる方は確実にこちらの方が気に入ると思います。たぶん普通に買えると思うので、ぜひ聴いてみてください。
ちなみに、フランス語で歌ってます。

Myspace
スポンサーサイト
音楽遍歴

めが児さん、たくみさんに触発されまして、私も書いてみようと思います。

小学生
聖飢魔IIのエルドラドというシングルを購入。これが初めて買った音源です。
小学生だったため、あの見た目に憧れるとともに曲の良さにも夢中でした。
その他も、THE END OF THE CENTURY、アダムの林檎なんかは今でも聴けます。
私の哀愁好きの原点はここかもしれません。

中学生
BOOWY、ブルーハーツ、ジュンスカばかり聴いてました。
ただし、例外としてオフコース。聴くまでバカにしてたにも関わらず、あの哀愁には衝撃を受けました。

高校生
洋楽を聴き始めました。
Yngwie Malmsteen、Halloween、Skid Row、Mr.Big、日本のLoudnessなどなど。ベースの山下昌良さんには憧れましたね。
要はメタルとか好きだったってこと。
この頃に速い曲好きってのが確立した気がします。
バンドも始めましたけど、下手くそだったのでブルーハーツ、ユニコーンとかのコピーで終わりました。。

大学生(前半)
Bad Religion、Pennywise、 No Fun At All、Satanic Surfers、MillencolinあたりのFast Melodic勢と出会います。
メタルの速さとメロディは好きだけど、特有のあの高い声はちょっとな~とか感じていた私の若干の不満点を見事解消してくれた全てが完璧のジャンルだと感じました。速さ、メロディ、哀愁、声質、何より爆音で聴いてても恥ずかしくないという(結構、メタルは女の子が引きました)、自分にとって探し求めていた音でしたね。行きつけのサーフショップで流れてたビデオで初めて耳に触れた瞬間のことは今でも鮮明に覚えています。
そこからはバイト代全てをCD、レコード代に注ぎ込む生活の始まりです。茨城、栃木、群馬、埼玉のCD屋をまわってこのジャンルの音源を発見すれば無条件で買い漁ってましたね。特にジムコのやつとか。
何より某VAで衝撃受けたRadioaktiva Rakerを捜し求めてたのを覚えています。
ただ、田舎物なので東京だけは避けてました。今考えるとネットが無い時代だったんですよね。
再びバンド始めたり、DJなんかやってたのもこの頃です。

大学生(中盤)
ローライダーとか、そっちにのめり込んでしまい、Punkから離れてしまいます。
車いじり、HipHopに夢中でした。

大学生(後半)
この頃はスケボー再開、スノーボードに夢中になると共に、再びFast Melodicに戻りつつあった頃です。
ただ、新たにCDを発掘しようとかそこまで夢中にはならず、tsutayaとかで売ってるCDを適当に買ってたくらいでしたね。ブラフマンとかハスキンとか、その辺も聴いてた時期です。

社会人
地元に戻り、見事に染まりました。
なんていうか、セルシオ、シーマなんかで、エイベックスとかのダンスミュージック的なのをウーハーで爆音で聴くってのが常識でして。要は田舎のアレです。
車については元々働き出したら高級車乗りたいと思ってたのでやっぱそっちにして一通りいじって、音楽はやっぱ例外なくそっちの方向だったり、またHipHopとかR&Bとか。
Punkも聴こうとはしましたけど、なんかドライブスルーとかのが全盛期だったりして嫌気がさしたり、新しく探すのが面倒でした。ネットはもう使えたんだからこの頃ちゃんと探していればと、今ものすごく後悔しています。今レア化してるのが簡単に見付かったりしたんでしょうね。
日本のS★Creaters、Bermuda、Last Alliance、Wrong Scale、Hawaiian6に一時期ハマったり、Lagwagon、No Use For A Nameとかの大御所は買いつつ、Much The Sameが解散したころだっと思いますが、ヤフオクでRadioaktiva Rakerを偶然発見しました。現在のMelodicライフに移行した歴史的瞬間でしたね。この時はじめて名前をRadioactive Rakerとか間違って探していたことに気付いたんですけど、ネットでいくら検索しても出てこないわけです。
Hit The Switchあたりも大きな存在でして、他のブログさんでレビューとか見て欲しくなったCDでしたけど、聴いた時は衝撃受けました。私の頭の中では今良いバンドはいないって決め付けてましたし。
ここまで相当のブランクがありましたが、ここからはブログ開始してるので、ご覧のとおりです。
覚えてる範囲で書いてるので、時期のズレがあるかもしれませんが、そこはご了承ください。

現在
他ブログさんの記事を参考にしつつ、何でも手を出すというわけではなくじっくり試聴して気に入ったものだけを買うようになりました。なので最近Interpunkとかの利用も激減しましたし、何も買わない月もあったりします。
あとはとにかく検索を繰り返して昔の名盤とかこつこつ探してます。


以上
Blog開始

■メロディックなPUNKバンドの音源を持ってるやつだけ紹介します。
■このブログはマニアックなバンドの発掘。情報交換を目的としています。
■管理人は基本的に明るい曲よりも暗い曲が好きです。
■おすすめバンドを紹介してください。必ず返事します。
■レビューに関するご意見、苦情等も受け付けます。
■評価は☆5段階。その時の気分によるのであてにしない方が無難です。聴き飽きたりすると評価下がったりします。
■管理人のおすすめという言葉は信じないでください。結構ツボが人と違います。





Copyright © Melodic Hardcore. all rights reserved.
material and template byテンプレート配布 lemon lime

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]miumiu 手帳 motive デニム bal デニム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。