Melodic Hardcore
      
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WRECKINGCREW

写真11

アルバム名:夜と太陽のDNA
お気に入り度:★★★★
高速度   :★★★★★
哀愁度   :★★★★★
入手困難度:★★★★
入手可能店:どこでも

日本のバンドWRECKingCReWのアルバムとしては2nd。
この他、アルバム1枚、EP3枚、Split1枚。コンピ何枚かとPUFFYのトリビュートとかに参加してるようです。
全曲日本語で、とにかく暗い曲だらけ。かなり前にMelodic Metallic MelancholicのYu-taさんのレビューで、天空の城ラピュタの「君をのせて」のカバーが入ってるって聞いて、聴いてみたいとは思ってたんですが、既に持ってた1stの感じからちょっとためらってまして、最近久しぶりにラピュタ見たのをきっかけにやっと買いました。
さっそく真っ先に「君をのせて」を聴いてみたんですけど、反則レベルの切なさですね。特にサビのところ。
このバンドなりにアレンジされてて、とてもかっこいいです。
その他にも「八月の挽歌」て曲もいいですね。
1stは遅い曲が多かった気がしますけど、このアルバムは速い曲の方が多いです。日本語に抵抗がなければ、Hawaiian6とか好きな人は、まず一度聴いてみることをオススメします。Myspaceで「八月の挽歌」聴けるのでぜひ聴いてみてください。

Myspace

スポンサーサイト
WRONG SCALE

6__.jpg

アルバム名:TRIANGLE TO SQUARE
お気に入り度:★★★★★
高速度   :★★★★★
哀愁度   :★★★★★
入手困難度:★★★★
入手可能店:Amazon他どこでも

どうでもいいですが、もうすぐクリスマスです。
そんなわけで、うるさい音楽が嫌いな彼女でも一緒に聴いてくれそうなPunk CDをご紹介。
最近昔のCD色々引っ張り出して聴いてるんですけど、やっぱり名盤だなと再認識したCDです。
個人的に、哀愁度においては日本メロディック最高峰。な気がします。
色んな思い出があるので贔屓目になってるかもしれませんが、それを差っ引いてもメロディの良さは秀逸です。
ほとんどがミドルテンポですしあまりにもメロディが綺麗なので、ジャンル的にPunkで正しいのかどうか微妙な気もしてますが、一度聴く価値はあるバンドだと思います。
このアルバムでは、Always Want To Be Loved、G.F.Sが文句なしに名曲。前作に入っているEnd Of Painなどは日本語ですけど、この曲もかなりの名曲ですので興味のある方は併せて聴いてみることをオススメします。ベストも出てるんで、まずそこから入ってみるのもいいかもしれませんね。
ちなみに、残念なことに解散済です。

WASTED SUNDAY

100406_132820.jpg

アルバム名:BARELY SPOKEN, ALREADY UNDERSTOOD
お気に入り度:★★★★
高速度   :★★★★★
哀愁度   :★★★★
入手困難度:★★★★★
入手可能店:Amazon

カナダ、ケベックのバンド。
向こうの優良レーベルNew Horizonからのリリースです。
結構入手しやすいので知りませんでしたが、既に2007年に解散しているようですね。カナダでは相当人気のあったバンドらしいです。
私はInterpunkで買ったんですが、影響受けたバンドにStrung Out、Thrice、Rufioが挙がっています。その中で一番近いのはRufioって感じですが、よく聴くとStraightawayあたりにも似てるような気がします。他にも結構最近のバンドで誰かに似てる気がするんですけど思い出せません。気持ち悪いので気付いた方はぜひコメントください。
7曲目Flee The Marginなんかはミドルテンポですけど良いメロディしていますね。全体的に哀愁含んだかっこいいアルバムだと思います。
Interpunkにもまだ在庫あるようですし、とりあえず試聴してみてください。
ちなみに、下のリンクからAmazon見ると収録曲が9曲しか書いてありませんが、実際は10曲です。4曲目のSinnerが抜けているようですね。

Myspace

WISECRACK

100524_125235.jpg

アルバム名:WISECRACK
お気に入り度:★★★★
高速度   :★★★★★
哀愁度   :★★★★★
入手困難度:★★★★
入手可能店:

ケベック産。
以前、某サイトさんのdistroで買い逃して、最近やっと入手。
セルフタイトルってことで勝手にこっちが1stだと思ってたら、Jinxedが先だったんですね。
てなわけでこちらは1999年発の2ndアルバム。
個人的にはHidden Trackの13曲目が一番好きなんですが、コレ、某サイトからダウンロードした音源ではHeadcoldて曲名になってるんですよね。正しい曲名なのかとても気になるとこです。
アルバム全体では、全曲最高というわけではないですし若干地味な感じはありながらも、後からじわじわ好きになる感じですね。なんとなく部分的なフレーズとか細かいとこが気になって何回もじっくり聴いてしまいます。
何より、青いジャケに合わせた青のジャケットがレアもの感漂ってて好感度高いです笑
1stのJinxedも昨年くらいまでは比較的入手しやすかった気がしますが、今は全く見付からないみたいですね。
WHALEFACE

091027_195628.jpg

アルバム名:MIND YOUR PROS AND CONS
お気に入り度:★★★★★
高速度   :★★★★
哀愁度   :★★★★
入手困難度:★★★★
入手可能店:

これまたClassic End様で売っていただいたCDです。
噂には聴いてましたが確かにこのアルバムは相当かっこいいです。期待を遥かに超えていました。
とにかくメロディがいいんですよね。メタリックですけど、なんとなくMuch The Same聴いてる時のような安心感があります。
捨て曲なんて全く無いですが、Toshiさんも自己満足の音楽ブログのりょうたさんも言ってるように、Mypacって曲が素晴らしすぎです。
今年度ベスト10入り間違いないでしょう。

Myspace

Copyright © Melodic Hardcore. all rights reserved.
material and template byテンプレート配布 lemon lime

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]miumiu 手帳 motive デニム bal デニム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。